MORIKOSHI TEAMからのお知らせ

コロナ対策・自粛要請への対応について、詳細はこちらでご確認くださいませ。

カテゴリー一覧から記事を探す

セルフ白髪染め失敗例7選!髪が黒すぎる&紫色になった際の対処法とは?

  • HOME
  • お知らせ
  • セルフ白髪染め失敗例7選!髪が黒すぎる&紫色になった際の対処法とは?
セルフ白髪染め失敗例7選!髪が黒すぎる&紫色になった際の対処法とは?

133人の閲覧者

この記事を書いた人

MORIKOSHIプロフェッショナルチーム

表参道•銀座において、芸能人、モデルを問わずに人気を博した美容室、『GARDEN』に所属し、月間指名総売上1000万円を誇るプロフェッショナルチーム。
年間5000人以上のお客様のヘアスタイルを担当する中、1000人以上のパーマと縮毛矯正、2000人以上の髪質改善のお客様を担当。
2020年起業『SENJYU』を発足。
『全ての人に可能性という未来を築く』をスローガンに様々なプロジェクトに取り組む。

年齢を重ねるごとに増えていく白髪

場所を選ばず、手軽に使用できる市販の白髪染めを使用する方も多いはず。

しかし、市販の白髪染めは失敗するリスクが付きまといます。

お客さん悲しんでいる女性

髪が黒(暗)すぎる…

お客さん悲しんでいる女性

髪が紫色になりすぎた…

お客さん女性

色ムラになった…

思っていた髪色にならなかった

市販の白髪染めを使用した方なら誰でも経験する白髪染め失敗。

一刻も早く直したいと思いますが、市販の白髪染めによる失敗は対処が難しい事実があります。

そのため、適切な対処をしないと綺麗に直せないどころか、事態悪化を招くことも…

森越 道大

美容師 森越

今回、市販の白髪染めを失敗してお困りの方に向けて、年間3500人のカラー担当するSENJYUチームが、セルフ白髪染め失敗例と対処法を詳しく解説します。

森越 道大

美容師 森越

そして、失敗後の間違った対処法についても合わせて解説します。

SENJYUチームのカラー失敗直しBefore・After

セルフ白髪染め染め失敗!対処が難しい理由

黒(暗)すぎる失敗が多い
森越 道大

美容師 森越

セルフで白髪染めをすると「黒(暗)く染まりすぎた」ことによる失敗が非常に多いです。

黒く染まりすぎる理由

市販の白髪染めは、どんな髪でも染まるように非常に強い薬剤を使用しているので、髪質やベースカラー(元の髪色)関係無く、黒く染まりやすい傾向にあります。

白髪が隠せる分には良いのですが、不自然なまでに髪が真っ黒だと見栄えが悪くなってしまします。

黒すぎる髪は非常に厄介!

実は、一度黒く染まった髪を明るくするのは容易ではありません。

なぜなら、髪は濃い色ほど抜くのが難しく「黒色」はMax濃い色であるため、非常に色素が抜けにくいのです。

髪が黒すぎると色を乗せても色が入らない

黒く染まりすぎた髪色の上に色を乗せても、黒色が邪魔をしてカラーが入りません。



↑黒い画用紙の上に赤いクレヨンで絵が描けないのと同じ理屈。

森越 道大

美容師 森越

暗く染まりすぎたカラー失敗ほど厄介なものはありませんが、絶対に落とせない訳ではありません。

黒染め落としの注意点を解説

暗すぎる髪を早急に落としたい方へ

黒染め失敗落とし

SENJYUチームはダメージゼロで暗い髪を明るくする、黒染め失敗落としを提供しています。

ブリーチを使わずノーダメージ&ノーリスク

SENJYUチームのカラー落としは、特殊なトリートメントを使用してカラーを落とすので、髪へのダメージはありません。

むしろ仕上がりは艶がでて髪質が良くなります。

カラー失敗直しBefore・After

SENJYUチームのカラー落としは、カラーをしてから早いほど効果を発揮しますが、遅いほど色を抜くのが難しくなってしまいます。

もし、至急で暗すぎる髪を明るくしたいと思ったら、ぜひご相談下しさい。

SENJYUチームのカラー落とし

その他、セルフ白髪染めの失敗例と対処法

もちろん、黒すぎる失敗以外にもいくつか失敗例があります。

森越 道大

美容師 森越

その他、セルフ白髪染めでよくある失敗例を解説します。

髪が紫、青、緑色になった

セルフの場合、白髪染めトリートメント、カラーバターの失敗すると髪が紫、青、緑色になることがあります。

まず、日本人の白髪は完全な真っ白になることは少なく、黄ばんだ白髪になる場合が多いです。

森越 道大

美容師 森越

この白髪の黄ばみを抑えるために、紫の色素を入れると、補色作用によって黄ばみを無くすことが可能です。

品のある「淡い青色」が完成系

「黄色+紫色」の補色が上手くいけば、黄ばみが消えて品のある淡い青色の白髪になります。

しかし、ヘアカラーの補色の関係は非常に複雑で、単に紫を入れれば「淡い青色」になる訳ではありません。

髪質やベースカラー(元の髪色)によって発色が微妙に異なり、不自然な髪色になってしまう危険性があるのです。

紫を入れて失敗した髪色の例

白髪の上に紫色のカラートリートメントをした結果

  • ビジュアル系のような派手な紫色の髪になった
  • カメレオンのようなマットな緑色の髪になった
  • 青みが強く出過ぎて真っ青な髪色になった

↑黄ばんだ白髪をセルフで「淡い青色」にするのは至難の技。

お客さん女性

たまに、不自然なまでに髪が紫色の人見かけますよね?

こうした、紫色になった失敗例は、補色が上手くできなかったことで発生します。

ヘアカラーと補色の関係を詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧下さい。

ヘアカラーと補色の関係

全体を染めたときの逆プリン

カラー薬剤は温度が上がるほど発色や反応が良くなる特徴があります。

そして、根元の髪ほど頭の体温の影響を受けやすく

根元近く、体温の影響で温度が上がったカラー剤と、中間から毛先にかけて体温の影響を受けないカラー剤とで、カラーの発色に差がでてしまいます。

根元のカラー薬剤の反応が良くなったことで、根元だけ明るくなる逆プリンが発生してしまうのです。

根元の白髪が染まってない

白髪が生える部分や、白髪の量は人それぞれです。

そのため、白髪が多い部分だけカラー剤の量を多めに塗る「塗り分け」ができれば良いのですが、セルフだとほぼ不可能。

結果、白髪の量が多い部分や、塗りずらい部分だけ白髪が染まっていない仕上がりになってしまうのです。

色ムラになっている

顔周りなど視界に入り、手が届く部分は染めやすいのですが、後ろ髪、ネープ(首筋)の髪は、セルフだと染めずらく、色ムラが発生しやすいです。

こうした、色ムラのリスクを少なくする「泡カラー」の白髪染めがありますが、実は泡カラーには大きな落とし穴があります。

髪がギシギシになった

誰が使用するか分からない市販の白髪染めは、どんな髪でも染まるように強い薬剤を使用して作られています。

そのため、細毛、軟毛など、強い薬剤を使用する必要の無い髪質でも、強さMaxの薬剤を使用してしまうため、過度に髪を傷めてしまう危険性があるのです。

泡カラーは特に髪のダメージが大きい

泡カラーには石鹸と同じ成分の「界面活性剤」が入っています。

この界面活性剤入りのカラー剤は髪へ吸収しやすく、髪を傷める成分も吸収しやすくなってしまうのです。

髪を傷める成分が界面活性剤によって髪内部まで浸透しまうと、髪を過度に傷めてしまうリスクが高くなります。

このことから、泡カラーはクリームタイプのカラー剤より髪へのダメージが大きいのです。

頭皮が痛んだ

市販の白髪染めは強い薬剤を使用しているので、頭皮への負担が大きくかぶれを引き起こす危険性があります。

泡カラーは特に頭皮のダメージが大きい

泡カラーは界面活性剤の影響で、アレルギー成分が頭皮に浸透しやすく、頭皮が痛んだりかぶれるリスクがさらに高くなります。

SENJYUチームの白髪染め失敗直し

どんな失敗でも対応致します
森越 道大

美容師 森越

今回解説したセルフ白髪染めの失敗例全てお直し可能です。

白髪染め失敗落とし

まずは、失敗した白髪染めを落とす

失敗した白髪染めの上から、カラーを被せても綺麗な色にならないので、まずは染まっているカラーを落とします。

特殊なトリートメントを使用してカラーを落とすので、ブリーチやライトナーのように髪へのダメージはありません。

染め直しまでご案内致します

ご希望であれば、カラーの染め直しも行っています。

森越 道大

美容師 森越

失敗前の理想のカラーはSENJYUチームが再現します!

カラー染め直しのご案内

セルフ白髪染め失敗の間違った対処法

セルフ白髪染めを失敗された方へ
森越 道大

美容師 森越

ここでは、やってはいけない間違った対処法を解説します。

市販のブリーチを使用する

セルフブリーチは絶対ダメ!

まず、暗く染まったカラーをブリーチで無理やり明るくすること自体、髪への負担が大きいので、良い選択肢とは言えません。

さらに、市販のブリーチは非常に強い薬剤を使用しているため、枝毛、切れ毛になったり、激しい色ムラになってしまう危険性があります。

ブリーチ失敗について詳しく解説

何度もシャンプーをする

シャンプーは1日2回まで

暗く染まりすぎた白髪染めを落とす際、シャンプーを何度も行えば、ある程度染まったカラーを落とすことができますが、代償として頭皮に負担がかかります。

シャンプーはなにか理由が無い限り、1日多くても2回まで、それ以上シャンプーをすると頭皮が乾燥してしまいます。

カラーを落とすためだけに、頭皮の犠牲にするのはあってはならないこと。

髪を乾かさずに放置する

髪&頭皮が痛みます!

シャンプーの後、髪を乾かさずに放置すると色落ちが早くなりますが、これは髪と頭皮を同時に傷つける行為です。

まず、髪が濡れたままだと、髪同士の摩擦が大きくなり、髪が傷む原因になります。

そして、頭皮が濡れたままだと雑菌が繁殖してしましい、頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。

カラーを落とすためだけに、髪も傷む、頭皮も痛むのダブルパンチを食らうのは代償が大きすぎます。

なんとなくで美容室に行く

セルフ失敗は断れるかも

美容室でお直しして貰うのが、一番ベストな対処法ですが、美容室に行けば絶対お直し可能と言う訳ではありません。

セルフの白髪染め失敗は対処が難しく、美容室によってはお直しを断られる可能性もあるのです。

さらに、美容室によっては適切な対処ができず、事態悪化を招く危険性すらあるのです。

白髪染め失敗直しは美容院に行く前にチェック
  • セルフ白髪染めの失敗直しは可能か?
  • どのような方法でお直しするのか?
  • 美容師さんは白髪染め&カラーが得意か?

↑以上の点をHPを見て調べたり、お電話で聞いてみましょう。

森越 道大

美容師 森越

カラー失敗直しは、カラーが得意な美容師さんにお任せしましょう。

その他、カラー失敗後の間違った対処法について解説

セルフだけでなく、美容院の失敗の対処法も詳しく解説しています。

まとめ

白髪染め失敗された方へ

白髪染めの失敗直しは、普通に白髪染めをするよりはるかに難しいと言う事実があります。

だからこそ、自分で解決するより、美容室でお直しすることをおすすめします。

森越 道大

美容師 森越

白髪染め失敗に関して分からないことがあればなんでもご相談下さい。

染め直しのご相談も可能です

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に

カウンセリングでのご来店可能^^

白髪対策の新たな選択肢【白髪ぼかしハイライト】
自宅で白髪予防【電気バリブラシ】
Loading...