MORIKOSHI TEAMからのお知らせ

コロナ対策・自粛要請への対応について、詳細はこちらでご確認くださいませ。

カテゴリー一覧から記事を探す

海やプールで髪がギシギシダメージ!美容師が正しいヘアケアを解説

  • HOME
  • お知らせ
  • 海やプールで髪がギシギシダメージ!美容師が正しいヘアケアを解説
海やプールで髪がギシギシダメージ!美容師が正しいヘアケアを解説

0人の閲覧者

この記事を書いた人

MORIKOSHIプロフェッショナルチーム

表参道•銀座において、芸能人、モデルを問わずに人気を博した美容室、『GARDEN』に所属し、月間指名総売上1000万円を誇るプロフェッショナルチーム。
年間5000人以上のお客様のヘアスタイルを担当する中、1000人以上のパーマと縮毛矯正、2000人以上の髪質改善のお客様を担当。
2020年起業『SENJYU』を発足。
『全ての人に可能性という未来を築く』をスローガンに様々なプロジェクトに取り組む。

海やプール特有のお悩みといえば
お客さん悲しんでいる女性

髪がギシギシに傷んだ…

お客さん悲しんでいる女性

カラーが色落ちした…

海やプールの思い出
  • 友達と思いっきり海やプールを満喫した。
  • 夜は花火をして楽しんだ。
  • 家に帰った後、傷んだ髪、色落ちした髪を見て愕然とした。

↑最後の1つは余計だと思いませんか?

余計な思い出は残したくない

だからこそ、海やプール後のアフターケアケアが本当に大事!

もし、海やプールの後、アフターケアをしていない方へ
森越 道大

美容師 森越

あなたの髪は、今この瞬間もダメージが少しずつ進行している可能性があります。

ほっておくと、ますますダメージが悪化します!

海やプールが原因で発生した髪のダメージこれ以上を進行させないためにも、アフターケアのしっかり行いましょう。

森越 道大

美容師 森越

今回は、年間5000人担当美容師の森越チームが、海やプール後のアフターケアケアを詳しく解説します。

森越 道大

美容師 森越

また、海やプールのアフターケアだけでなく、ダメージを事前に防ぐ予防策も合わせて解説させて頂きます。

海やプールで髪が傷む、色落ちする原因

原因は大きく分けて3つ
  • 髪がアルカリ性に傾く。
  • 紫外線によるダメージ、ヘアカラーの変色。
  • 海限定!不純物が髪に付着する。
森越 道大

美容師 森越

3つの原因の中で、髪がアルカリ性に傾く現象が最も注意すべきポイントです。

髪がアルカリ性に傾く

PH値は4.5~5.5の弱酸性が良い状態

この髪のPH値は4.5~5.5の弱酸性を上回っても、下回っても髪には悪い影響を及ぼします。

しかし、海やプールのPH値は8前後の弱アルカリ性です。

森越 道大

美容師 森越

海水やプール水で髪が濡れると、髪のPH値は8前後のアルカリ性に傾いてしまいます。

お客さん女性

髪がアルカリ性に傾くとどんなことが起きるんですか?

髪がアルカリ性に傾くと髪が弱くなる原因

アルカリが髪につくとキューティクルが開く

キューティクルは髪表面を覆っている髪の毛のヨロイであり、外部からの刺激から髪を守る役目を果たします。

しかしアルカリによってキューティクルが開いてしまうと、ヨロイが一時的に剥がれている状態なので、外部からの刺激に弱くなってしまうのです。

キューティクルが開くと髪の毛同士の摩擦も強くなる

キューティクルが開いてしまうと、髪表面がデコボコの状態で髪の毛同士の摩擦が強くなり、枝毛や切れ毛を引き起こす原因となります。

PH値8のアルカリは直接髪に害はない

他の記事を見ると「アルカリは髪が傷む」「アルカリは髪を溶かす」と記載していますが、PH値8前後の海やプールの水ではそのようなことは発生しないと思っています。

キューティクルが開いたことによって、髪がダメージに弱くなるだけであって、直接アルカリがダメージを与えている訳ではないと思っています。

森越 道大

美容師 森越

つまり、髪が吸収した海水、プール水を長く残留させなければ髪は傷むことはほとんどないのです。

これは森越チーム独自の意見であり、他の美容師さん意見を否定している訳ではありません。

アルカリ性に傾くと色落ちする原因

開いたキューティクルからカラー色素が流出

本来ヘアカラーは、キューティクルが閉じている状態なのでカラー色素が外に漏れることはありません。

しかし、アルカリの影響でキューティクルが開いてしまうと、開いた部分からカラー色素が外部に流出してしまします。

これが、海やプールによってカラーが色落ちする原因です。

紫外線によるダメージ、ヘアカラーの変色

紫外線を浴びると、髪内部の組織が破壊されてダメージが発生します。

一方ヘアカラーは、紫外線を浴びるとカラー色素は変色を起こし、色落ちしたように感じます。

森越 道大

美容師 森越

紫外線は髪のダメージ、カラーの褪色どちらも引き起こします。

海限定!不純物が髪に付着してギシギシになる

海には髪にとって害となる不純物が含まれている
  • 塩化マグネシウム
  • 硫酸マグネシウム
  • 硫酸カルシウム
  • など

↑髪に付着すると、ギシギシにゴワゴワの原因となります。

マグネシウム、カルシウムが直接髪にダメージを与える訳ではありませんが、ギシギシにゴワゴワの髪になったことで摩擦が強くなりダメージの原因になるのです。

海やプール後、髪のギシギシのダメージを直す方法

ここからが本題。

海やプールの後、髪は以下の状態になっている
  • アルカリ性に傾いている。
  • アルカリ性に傾いている髪は、外部からの刺激に弱い状態です。

  • キューティクルが開いている。
  • キューティクルが開いている状態は摩擦が大きく、ギシギシ、ゴワゴワの状態です。

  • 不純物が髪に付着している。
  • 海に行った際は、髪をギシギシにしてしまうマグネシウムやカルシウムが付着している状態です。

森越 道大

美容師 森越

ここから先は、海やプール後のアフターケアケアの方法を詳しく解説します。

海やプールのカラーの色落ちに関して

色落ちしてしまった際の対処法は、染め直すしかありません。

そのためカラーの色落ちに関してはアフターケアではなく、事前の予防がとても大事になります。

海やプールでの色落ちを防ぐ事前の予防に関しては、のちほど詳しく解説します。

カラー染め直しのご案内

まずはシャワーでしっかり髪を流す

海の家のシャワーでしっかり髪をすすぐ

海水やプール水が髪についたままだと、髪に負担をかけてしまうのでシャワーでしっかり髪をすすぎましょう。

また、髪についたカルシウムやマグネシウムなどの不純物も、ある程度落とすことができます。

森越 道大

美容師 森越

髪の毛だけでなく、頭皮もしっかり流してください。

ギシギシすぎるときはトリートメントかシャンプー

ギシギシ過ぎて流せないときは、一度シャンプーかトリートメントを髪につけてから髪を流します。

シャンプー&トリートメント髪を弱酸性に戻す

海の家でアフターケアケア

シャワーで髪をすすぐだけでなく、シャンプー&トリートメントも現地で行ってしほしいです。

なぜなら、髪を流すだけではアルカリ性に傾いている状態が長く続くほど、髪に悪影響がでるからです。

森越 道大

美容師 森越

アルカリ性に傾いている不安定な髪は、なるべく早めに直しましょう。

シャンプー&トリートメントでPHコントロール

このとき使用するシャンプー&トリートメントは、弱酸性の物を使用すると、アルカリ性に傾いている髪のPH値を正常な状態に戻すことができます。

アフターケアにおすすめ、プロトンシャンプー&トリートメント

プロトンシャンプー&トリートメントはアルカリ性に傾いた髪を正常なPH値に整えるほか、紫外線によって受けたダメージも補修する効果があります。

帰宅前にしっかりドライ

半乾きで帰宅はNG

髪が濡れている状態だと、髪の毛同士の摩擦が大きくなるのでダメージの原因となります。

そのため、髪と頭皮をしっかり乾かしてから帰宅しましょう。

ですが、乾かしすぎると髪が乾燥してしまうので注意しましょう。

森越 道大

美容師 森越

毛先を触ると僅かに湿っている9割ドライがベストです。

自宅でしっかりホームケア

帰宅後もしっかり髪を保湿して、ダメージ悪化を防ぎましょう。

  • 保湿力の高いシャンプーで髪を洗う。
  • 5分間泡パックするとより保湿効果が上がります。

  • トリートメントをしっかり髪に馴染ませる。
  • シャンプー同様、5分間トリートメントパックすると保湿が上がります。

  • 毛先にヘアオイルやクリームをつける。
  • 特にダメージが強い毛先をしっかり保湿しましょう。

森越 道大

美容師 森越

以上、ここまでのアフターケアケアをしっかり行えば、海やプールによる髪のダメージを最小限に抑えることが可能です。

ダメージが強いときは酸熱トリートメント

アフターケアケアでは限界がある

元々髪にダメージある状態で海やプールに行ってしまった場合、

またはアフターケアが遅くてダメージが進行してしまった場合など

お客さん悲しんでいる女性

アフターケアケアをしても髪がチリチリです…

森越 道大

美容師 森越

ダメージケアとPH値を整える、酸熱トリートメントをしましょう!

酸熱トリートメントとは

酸熱トリートメントは通常のトリートメントよりもダメージ修復力が高いので、強いダメージを受けてしまったときにおすすめの技術です。

紫外線によるダメージを修復するほか、海水やプール水によってバランスの乱れたPH値を正常な状態に戻す効果もあります。

酸熱トリートメントを詳しく解説

海で付いてしまった髪の不純物をとる方法

森越 道大

美容師 森越

炭酸シャンプーを使用すれば、髪に付着したマグネシウムやカルシウムを取ることができます。

炭酸シャンプーとは

名前の通り、炭酸(二酸化炭素)を含むシャンプーのことです。

炭酸は分子が小さく、髪内部の汚れを取ってくれるので、髪に付着したマグネシウムやカルシウムを除去してくれる効果があります。

海やプールに入る前に髪を守る方法

予防が1番大事

アフターケアも大事ですが、もっと大事なのは海やプールに行く前のヘアケアです。

森越 道大

美容師 森越

海やプールによる髪のダメージ、色落ちは、事前の予防に全てかかっているといっても良いほどです。

  • もう一度海やプールに行く方。
  • ダメージが心配で行こうか迷っている。

↑当てはまった方は、ぜひこの先もお読みください。

カットで紫外線予防

紫外線に強い、色落ちを防ぐヘアスタイルを作る
  • 髪の断面を髪表面にださない。
  • 綺麗な断面になるようにカットする。
  • 表面の髪をすかない。

など、カット技術を駆使すれば紫外線に強い、色落ちを防ぐヘアスタイルを作りだすことが可能です。

紫外線に強いヘアスタイルを作りだす技術

事前にサロントリートメントをする

髪にバリアーを張る

サロントリートメントはダメージを修復するだけでなく、ダメージに強い髪、そして色落ちにも強い髪にすることができます。

元々髪が傷んでいる方などは、そのまま海やプールに行ってしまうとますますダメージが進行してしまう可能性があるので、ぜひサロントリートメントで髪を保護してから海やプールに行きましょう。

注意点

トリートメントした直後は、髪にトリートメントが浸透していないので、海やプールに行く1週間ほど前に行いましょう。

また海やプールに行くと、トリートメント本来の効果や持続力が大幅に短くなってしまう可能性があります。

髪質によって行うトリートメントが異なる
森越 道大

美容師 森越

森越チームは、お客様の要望、髪質に合わせて様々なトリートメントを提供しています。

森越チームのサロントリートメント

海やプールに入る前、シャワーで髪を濡らす

ダメージ毛ほど海水やプール水を吸収する

海水やプール水は、髪に吸収するほど悪い影響を及ぼします。

森越 道大

美容師 森越

シャワーで髪を濡らせば、海水、プール水の吸収を最小限に抑えることが可能です。

元々、髪にダメージがある方は海やプールに入る前にしっかりシャワーで髪を濡らしましょう。

スタイリング剤を髪に付ける

水分を弾くスタイリング剤がおすすめ
  • ヘアオイル
  • オイル主体のワックス
  • ハードスプレー

髪をコーティングすることで、ダメージや色落ちを防ぐことができます。

クリーム系や、ムース系のスタイリング剤は、水分を弾かないのでおすすめできません。

その他、紫外線対策をする

紫外線から髪を守る方法
  • UVスプレー
  • 帽子
  • 毛先を隠すヘアアレンジ
森越 道大

美容師 森越

こまめな紫外線対策をすることで、髪のダメージ、カラーの色落ちを防ぐことができます。

まとめ

事前のケアとアフターケアで髪は守れる

海やプールに行くと髪が傷むのは当たり前に感じるかもしれませんが、事前の予防と正しいアフターケアをすればほとんど髪を傷めずにすみます。

森越 道大

美容師 森越

海やプールに行った際の髪のお悩みがある方は、ぜひ今回ご紹介したヘアケアをぜひお試しください。

海やプールのヘアケアに関して分からないことがあればなんでもご相談ください

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に

カウンセリングでのご来店可能^^

紫外線から髪と頭皮を守る方法を解説

↓↓↓
友だち追加

※PCでご覧になっている場合、下のQRコードをスマホで読み取って友だち追加してください。
LINE友だち追加用QRコード

友だち追加

※うまく追加できない場合、下のIDを使って「ID検索」から森越を見つけて友だち追加してみてください。(追加のやり方はこちら

Loading...