SENJYUチーム「ハヤシ ヒカル」プロフィール!千葉の店舗でオーナーを目指す!

SENJYUチーム「ハヤシ ヒカル」プロフィール!千葉の店舗でオーナーを目指す!

この記事を書いた人

SENJYUプロフェッショナルチーム

「店舗を持たない美容室」をコンセプトに、特定の店舗に所属しない美容師たちが集まり、全国で活動しているプロフェッショナルチーム。
ヘアカット・ヘアケア・縮毛矯正などの悩みを抱える女性たちを中心に、年間5,000人以上のお客様のヘアスタイルを担当。
『あなた以上に、あなたの髪を想う』をスローガンとして、様々なプロジェクトに取り組む。

今回はSENJYUチーム所属の「ハヤシ ヒカル」さんにインタビューをさせて頂きました。

インタビューをもとに「ハヤシ ヒカル」さんのプロフィールを大公開します。

名前

ハヤシ ヒカル

こんにちは!SENJYUチーム所属「ハヤシ ヒカル」です。

名前

ハヤシ ヒカル

本記事を通して、美容師としての想いや夢をお伝えしたいと思います。

「ハヤシ ヒカル」プロフィール

名前・林 輝(ハヤシ ヒカル)

出身地・千葉県の銚子市

誕生日・12月7日

趣味その1【スポーツ観戦】
名前

ハヤシ ヒカル

野球、サッカーを観戦することです。

名前

ハヤシ ヒカル

実際やるのではなく、観戦するのが大好きです。

趣味その1【ご飯】
名前

はやし ひかる

美味しいご飯を食べることも好きです!

ご飯は失敗はしたくないので、下調べをしてから行きます。

武蔵小杉周辺で食べる所探している方は、ぜひ「はやし ひかる」にお聞き下さい。

美容師を目指すきっかけ

名前

ハヤシ ヒカル

初めて「美容師になろう」を決めたのは、幼稚園ぐらいのときでした。

お客さん女性

かなり小さな頃から美容師を目指していたんですね?

名前

ハヤシ ヒカル

そうですね!人生で初めて「仕事」として認識したのが美容師だったので、それが目指すきっかけになりました。

幼少の頃の思い出

元々は、母親と美容院に行ったとき、母親と美容師さんが仲良く接している姿、そしてハサミを握って施術をしている姿を見て「かっこいい」「素敵」と言った感情が生まれました。

幼少期の頃に描く「カッコいい」には特別な感情があり、心に深く刻まれたと思っています。

名前

ハヤシ ヒカル

消防士さん、お巡りさん、などに対しては特別な感情を抱くみたいな感じでしょうか?

お客さん女性

幼稚園からの夢を叶えてしまうなんて素敵です。

お客さん女性

途中で夢が変わることはなかったんですか?

名前

ハヤシ ヒカル

高校2年のとき、一度だけ「学校の先生」になりたいと思ったときがあります。

お客さん女性

学校の先生!またジャンルが違いますね?

名前

ハヤシ ヒカル

そうですよね(笑)実は、高校に入った頃、数学が好きだったので、それがきっかけで「教える」と言うことを生業にしたいと思い、先生を目指すようになったんです。

名前

ハヤシ ヒカル

あと、小さい子、後輩たちに優しくする?的なことも好きだったので、そういった点も先生を目指すきっかけの一つでした。

名前

ハヤシ ヒカル

でも、やっぱり幼少の頃から抱いている夢である「美容師」の夢を捨てることができず、結果現在に至るって感じですね。

お客さん女性

なるほど、でも「教えるのが好き」ってことは、将来は美容学校の先生になろうとかって思っているんですか?

名前

ハヤシ ヒカル

いえ、それはないですね。完全に美容師一本でやっていくつもりです!!

お客様を喜ばせたい

美容師さんを心から楽しんでいる人は「お客様が喜んでほしい」って思っている人が多いと思います。

やはり僕も同じで、お客様を心から喜んでほしいと言う思いがあるんです。

でも、これは他の職種についていたら、生まれなかった感情だと思っています。

美容師だからこそ生まれた感情
名前

ハヤシ ヒカル

美容師をしているときは、誰よりも「人を喜ばせたい」と言う思いが強くなり、この感情は美容師をしているからこそ生まれるんです。

お客さん女性

なるほど!それって、美容師が天職ってことですよね?

名前

ハヤシ ヒカル

そうかもしれないです!

名前

ハヤシ ヒカル

あと、自分が思い描く美容師像は「お客様を幸せにする」ことなので、そこは絶対にブレちゃいけません。

名前

ハヤシ ヒカル

僕はお客様を幸せにする、そしてお客様も僕を必要としてくれる、この構図になってこそ、僕にとって「美容師は天職」と言えるのだと思います。

名前

ハヤシ ヒカル

僕は生涯に渡って「お客様を幸せにする」を意識して美容師を続けて行くつもりです。

加えて、自分の選んだ道は自分で「良い」にする

お客さん女性

美容師と言う職業を選んだことも、SENJYUチームを選んだことも、全て良い選択肢にを選んでいる感じがしますね。

名前

ハヤシ ヒカル

確かに良い選択もあると思っていますが、それと同時に「自分で良い選択肢にする」ことも大事だと思っています。

とにかくバットを振る

野球は結果が全ての世界であるのと同じで、美容業界も結果(売上)をださないと話になりません。

結果をだすためにどうするのか?

この問いに対する自分の考えは、とにかく「行動する」ことだと思っています。

野球のバッターの成績を表す打率&本塁打&打点、これらは「バットを振る」ところから始まり、それができないと成績を残すことができません。

だからこそ、とにかくバットを振る様に「行動」することが大事なんです

良い成績を残すためには行動することから全てが始まります。

そして、行動をしないと、絶対に後悔することになります。

僕は自ら行動して選んだ道で後悔したことは一度もありません。

良い選択肢を選んでいるのは、とにかく行動しているからであって、さらに選んだ先を後悔しないように努力する。これが自分の生き方だと思っています。

今できることは「今」やる!
名前

ハヤシ ヒカル

一定の打席だけに立てば良いではなく、シーズンフル出場して結果をだすことがベスト。

名前

ハヤシ ヒカル

中途半端な行動で中途半端な結果で終わるのではなく、どんなことも全力でやり切って生きていきたいです。

SENJYUチームに入るきっかけ

まず第一に「SENJYUチームのマインドに心から共感した」これが一番の理由です。

あと、SENJYUは日本でトップクラスに高い技術力を持っていたので、技術的な点も大きな魅力でした。

SENJYUに入る前、ちょっとネガティブな気分だった
名前

ハヤシ ヒカル

実はSENJYUチームに入る前、仕事のことや人間関係でちょっとだけ悩んでいました💦

(よくある話ですが)

当然、悩み自体が嫌だったのですが、一番問題だったのは「小さなことで悩んでいる自分」だと思いました。

昔から後ろを向きたくないタイプだったし、悩んでいる自分のおかげで前を見れていない、ポジティブな気分になれていない。

もはやどうすれば良いのか?と思っている感じがとにかく嫌でした。

そんな悩んでいるときに、森越さんから声がかかったのです。

お客さん女性

悩んでいる自分から脱したい思いもSENJYUチームに入るきっかけの1つだったんですね?

名前

ハヤシ ヒカル

そうです!でも「SENJYUに入れば楽になれる」とかで入りたいと思った訳ではありません。

名前

ハヤシ ヒカル

SENJYUが突き進んでいるマインドに心から共感できる。

名前

ハヤシ ヒカル

マインドに共感できるからこそ、SENJYUチームと一緒に歩んでいけば「自分が成長できる」「前を向いてポジティブになれる」と思ったんです。

お客さん女性

確かに、価値観の違うチームに入っても悩みなんて無くならないし、ポジティブな気持ちにもなれませんよね?

名前

ハヤシ ヒカル

そうなんです!そして、それが最高の選択肢になってくれました。

「はやし ひかる」将来の夢

名前

ハヤシ ヒカル

地元に自分の技術を送り届けるために、SENJYUの千葉店ができたら、そこでサロンオーナーになりたいです。

地元に自分の技術を送り届ける

地元千葉の人たちの髪を切ってあげたいと思っているのですが、今働いているサロンから千葉まで距離があるので、頻繁に来てくれる人は少なめです。

また、交通費などの料金的なこともあって、地元の人たちに自分の技術を送り届けるのは難しいのが現状。

ではどうすれば良いのか?

考えた結果、自分が地元に行く必要があると思いました。

名前

ハヤシ ヒカル

自分が足を運んで地元の人たちにSENJYUチームの技術を送り届ける。これが美容師としての夢です!

名前

ハヤシ ヒカル

この夢は23歳までにやり遂げたいと思っています。

お客さん女性

23歳でオーナーってかなり若いですね?

名前

ハヤシ ヒカル

そうです!だからこそ、SENJYUのオーナーは年齢に囚われないことをアピールしたいのです。

年齢や経歴に関係なく

サロンオーナーはキャリアの長いベテランが行うイメージですが、ベテランじゃないとできない訳ではありません。

要は、サロンオーナーになれる「器」があれば、誰だってできるはずです。

SENJYUチームはまさに、年齢や性別関係なく、実力のある人を評価してくれるチームです。

自分がサロンオーナーになれる器を持ち合わせれば、千葉に店舗ができたとき自分がサロンオーナーになれるのです。

名前

ハヤシ ヒカル

サロンオーナーになって地元の千葉の人に自分の技術を送り届ける!

名前

ハヤシ ヒカル

この夢を叶えるために、サロンオーナーになれる技術と人望を持ちたいと思っています。

お客さん女性

リーダーは年齢&性別関係なくできるってことをアピールしてほしいです!

「はやし ひかる」からお客様へ

「はやし ひかる」とは
  • 一緒にいるだけでシナジーを感じる
  • お客様にとってのパワースポット
  • 居心地の良さを提供
名前

ハヤシ ヒカル

「髪のお悩み」と言うネガティブな思いを抱えて美容院に来たとしても、僕の性格を通してお客様をポジティブな気分にさせたいです。

名前

ハヤシ ヒカル

そして、生涯を通して、僕が責任をとって髪を綺麗にしていきたいと思っています!

SENJYUチームとは

カテゴリー一覧から記事を探す

Loading...