MORIKOSHI TEAMからのお知らせ

コロナ対策・自粛要請への対応について、詳細はこちらでご確認くださいませ。

カテゴリー一覧から記事を探す

暴露!セルフカラーのデメリット9選!サロンカラーとの違い衝撃!

  • HOME
  • お知らせ
  • 暴露!セルフカラーのデメリット9選!サロンカラーとの違い衝撃!
暴露!セルフカラーのデメリット9選!サロンカラーとの違い衝撃!

69人の閲覧者

この記事を書いた人

MORIKOSHIプロフェッショナルチーム

表参道•銀座において、芸能人、モデルを問わずに人気を博した美容室、『GARDEN』に所属し、月間指名総売上1000万円を誇るプロフェッショナルチーム。
年間5000人以上のお客様のヘアスタイルを担当する中、1000人以上のパーマと縮毛矯正、2000人以上の髪質改善のお客様を担当。
2020年起業『SENJYU』を発足。
『全ての人に可能性という未来を築く』をスローガンに様々なプロジェクトに取り組む。

お客さん女性

セルフカラーにデメリットがあるのは知ってるけど、具体的にどんなデメリットがあるんですか?

お客さん女性

あと、セルフカラーもサロンカラーも変わらないって聞くけどどうなんですか?

まず、市販のカラー剤は一昔前に比べると、目まぐるしい進化を遂げていることは美容師でも分かります。

しかし、いくら市販のカラー剤は進化しているからと言って、美容院のカラーとの差が無くなった訳ではありません。

「カラー剤の進化」と「セルフカラーのデメリット」は別物

森越 道大

美容師 森越

セルフカラーには永遠に解消できないデメリットや注意点があると思います。

「セルフカラーもサロンカラーも変わらない」と思っている方は注意!
森越 道大

美容師 森越

解消できないデメリットがあるので、軽い気持ちでセルフカラーをすると失敗します!

森越 道大

美容師 森越

今回は、年間3500人のカラーを担当するSENJYUチームが、美容師だからこそ知るセルフカラーのデメリットについて詳しく解説したいと思います。

セルフカラーとサロンカラーは変わらないと言われる理由

美容院のカラー剤と市販のカラー剤の成分は同じ
森越 道大

美容師 森越

まず、美容院のカラーと市販のカラー剤の成分はほとんど同じです。

もちろん、メーカーによって異なりますが

森越 道大

美容師 森越

また、市販のカラー剤の品質は年々間上昇しています。

市販のカラー剤の進化
  • 髪へのダメージリスクが下がった
  • 頭皮に刺激の少ない成分になった
  • 発色が良くなった
  • など

市販のカラー剤の進化が近年目まぐるしいことから「セルフカラーとサロンカラーは変わらない」と言う情報があるのかもしれません。

しかし、ここで誤解しないでほしいことがあります。

森越 道大

美容師 森越

市販のカラー剤が進化していると言うことは、サロンカラーも進化している訳であって、市販のカラー剤だけが進化している訳ではありません。

森越 道大

美容師 森越

そして、市販のカラー剤の進化しても、セルフカラーのデメリットが全て払拭される訳ではありません。

冒頭も解説しましたが「カラー剤の進化」と「セルフカラーのデメリット」は全然違います。

例え、市販のカラー剤の品質が上がっても、セルフカラーがサロンカラーと肩を並べることはありえないと思うのです。

もし「セルフカラーもサロンカラーも変わらない」が事実ならば、

「大谷翔平選手と同じバッドを買ったら、大谷翔平選手になれる」が事実になってしまいます。

お客さん女性

なるほど、ではセルフカラーのデメリットを教えて下さい。

セルフカラーのデメリット9選



髪と頭皮へのダメージが大きい

万人向けの代償

まず、市販のカラー剤は誰が使用するか分からないので、どんな髪でも効果が発揮できるように、非常に強いカラー剤を使用しています。

強いカラー剤を使用すると言うことは、その分髪へのダメージも大きく、サロンカラーより髪を過度に傷めてしまう可能性も高いのです。

強い薬剤は頭皮にもダメージがある

強いカラー剤であればあるほど、頭皮へのダメージも大きくなってしまいます。

そのため、市販のカラー剤はアレルギーリスクが高く、頭皮の炎症やかぶれを引き起こす危険性が高いのです。

アフターダメージが大きい

カラー後のアフターダメージとは

市販のカラーでも、サロンカラーでも、施術後にジアミンによるアフターダメージの心配があります。

ジアミンは、カラー後も髪と頭皮の内部に留まり続け、ジワジワとダメージを悪化させる厄介な存在。

強い薬剤を使用する市販のカラー剤は残留ジアミンのリスクが高い

残留ジアミンは、強いカラー薬剤を使用するセルフカラーほどリスクが高め。

結果、市販のカラー剤は残留ジアミンは発生しやすく、髪と頭皮へのアフターダメージも大きくなってしまうのです。

塗分けができない

塗分けとは?

まず、カラーを行う際「根元のカラーをしてない部分」と「根元以降のカラーをした部分」の髪に分かれます。

↑要はプリンの部分と、そうでない部分。

なんとなく分かると思いますが、根元の新しく生えた髪と、すでにカラーをしている髪では、カラーの発色が全く異なります。

カラーの発色の違い
  • 新しく生えた髪のカラーの発色
  • カラーの発色が悪く、強めの薬剤を使用する必要がある。

  • すでにカラーをしている髪
  • カラーの発色が良く、弱めの薬剤で良いが、新しく生えた髪とは全く異なるカラー剤を使用する必要がある。

森越 道大

美容師 森越

髪色や髪質によってカラー剤の塗分けができるのはサロンカラー独自の技術です。

塗分けできないデメリット

市販のカラー剤は、1色しかないので塗分けができません。

  • 新しく生えた髪と、前回カラーをした髪の境目が目立つ
  • 弱い薬剤でも十分髪が染まる部分でも、強い薬剤を使用してしまうことでオーバーダメージの原因になる
  • 光の当たり加減を計算に入れたカラーができない
  • など
塗分け&ダメージコントロールの関係

カラー後の施術に悪影響がでる

セルフカラーをした後
  • パーマをしたい
  • 縮毛矯正をしたい
  • など

カラー以外にもオシャレを楽しみたい方も多いはずですが、その前にセルフカラーを行うと、その後の施術に悪影響がでる可能性があります。

なぜなら、セルフカラーによって髪が過度に傷んでいる状態だと、パーマや縮毛矯正が上手くかからない場合があるからです。

さらに、美容師さんによっては、セルフカラーの履歴があるとその後のパーマや縮毛矯正をお断りされる可能性もあるのです。

黒染めなど、濃く染まりやすい

黒染めの注意点

非常に強い薬剤を使用しいている市販のカラー剤は、髪が極端に濃く染まってしまうリスクも高めです。

黒染めなどで濃く染まったカラーは簡単に色落ちせず、不自然にに真っ黒の状態が数か月間も続いてしまう場合もあります。

市販の黒染めのデメリットや注意点を解説

色ムラになりやすい

セルフカラーの失敗例によくある色ムラ。

市販のカラー剤で色ムラなく綺麗に染めるのは至難の技であり、手の届かない箇所や毛量の多い箇所は特に色ムラのリスクが高めです。

泡カラーの独自のデメリット【界面活性剤】

界面活性剤とは

界面活性剤は石鹸と同じ成分であり、界面活性剤が入っているので泡カラーは泡状になる訳です。

泡カラーは泡状にすることで、色ムラのリスクを低くしているのですが、界面活性剤には大きなデメリットがあります。

森越 道大

美容師 森越

界面活性剤を含んだ泡カラーは、カラー成分を必要以上に髪と頭皮内部に浸透させてしまう可能性があるのです。

カラー剤が髪と頭皮に浸透し過ぎることで発生するデメリット
  • 髪が過度に傷む
  • 髪が極端に濃く染まる
  • アレルギーリスクが高くなる

↑以上のデメリットは、通常のカラーでも発生することですが、泡カラーだとさらにリスクが高くなってしまうのです。

泡カラー独自のデメリットを解説

美容師さんに嫌がられる?

セルフカラーにデメリットが多く、失敗するリスクも高めです。

セルフカラーの失敗を確実に対処するには、美容院にお直しするしか方法が無いと思います。

しかし、セルフカラーの失敗は非常に対処が難しく、美容師さんによってお直しを断られる可能性もあります。

セルフカラーの失敗は美容院でしか直せない、しかし美容院でお直しをお断りされる。

そんな、悲惨な事態にもなりかねません。

美容師さんがセルフカラー失敗を嫌がる理由

希望のカラーにならない可能性が高い

森越 道大

美容師 森越

最後に、セルフカラーでお客様の希望のカラーは再現できないとSENJYUチームは思っています。

先ほど「美容院のカラー剤と市販のカラー剤の成分は同じ」と書きましたが、カラー剤の調合ができない以上、成分が同じでも全く意味がありません。

カラー剤の調合できるか?できないか?この壁を超えられない時点でセルフカラーがサロンカラーに肩を並べることは永遠にないはず。

髪質は無限大

この世に同じ人間は1人しかいないので、全く同じ髪質は存在しません。

さらに、同じお客様でも来店する時期によっても髪質は異なります。

サロンカラーはお客様1人1人の髪質に合わせて、お客様が希望する唯一無二のカラーを作りだす訳ですが、市販のカラー剤は1種類しかありません。

そのため、市販のカラー剤を使用したセルフカラーは、もはや運で髪を染めることになります。

結論

森越 道大

美容師 森越

運だけでお客様の希望のカラーが再現できるとは思えないので、セルフカラーで希望のカラーを再現できる可能性はほぼ0%だと思っています。

森越 道大

美容師 森越

お客様の理想のカラーをするためにも、SENJYUチームはサロンカラーをおすすめします!

SENJYUチームのカラー技術を詳しく解説

セルフカラーとサロンカラーは違います!

あなたは大谷翔平選手になれますか?

大谷選手と全く同じバッドやグローブを手にしたら大谷選手になれるか?と聞かれたらそんなことは無いと思います。

野球経験と技術がない以上、装備だけ大谷選手を真似ても、大谷選手になれる訳ないことは説明するまでもありません。

サロンカラーは美容師さんの技術!
森越 道大

美容師 森越

「セルフカラーもサロンカラーも変わらない」と言われると、我々美容師のキャリアを否定しているような言葉に感じます。

森越 道大

美容師 森越

感情論だけでなく、理論的にも全く違うことは、本記事で解説した通り。

確かに、薬局やスーパーで販売している市販のカラー剤は美容室のヘアカラーと成分が似ています。

しかし、成分が似ているだけでセルフカラーとサロンカラーを一緒にするのは心外かもしれません。

森越 道大

美容師 森越

サロンカラーとサロンカラーは全然違うと言う事実をお伝えさせて頂きました!

まとめ

「セルフカラーもサロンカラーも変わらない」は市販のカラー剤を販売しているメーカーさんの営業トーク
お客さん女性

いずれ、セルフカラーとサロンカラーと同じになることはありますか?

森越 道大

美容師 森越

地球上の人間全て同じ髪質になれば、どんなカラー剤で染めても発色が同じになりやすいので、セルフカラーとサロンカラーの差が僅かに無くなります。

お客さん女性

なるほど、あり得ないってことね。

セルフカラー失敗のお直しは対応可能

SENJYUチームはセルフカラー反対の立場ですが、セルフカラー失敗直しに関しては大歓迎です。

森越 道大

美容師 森越

「カラー失敗直し」をメインメニューとして扱っているので、セルフカラー後のお悩みはなんでもご相談下さい。

SENJYUチームのカラー失敗直し

ラインよりお問い合わせください☺

毎日沢山の方からご連絡頂いているため

混雑時は返信が遅れますのでご了解ください

ご相談はお気軽に

染まったカラーを安全に落とす方法を解説
白髪染め失敗後の対処法を解説
Loading...